スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | TOP↑

ペットボトルの水の賞味期限とは!大きい方が賞味期限が長いらしいけど!

大きいペットボトルの水の方が賞味期限が長いというのも、何となく納得できるような気がする。備蓄水にするなら大きいボトルの方が良いんだろうね!そうなるとウォーターサバーの12リットルボトルはメリットあるのかなと思ってしまう!そこでウォーターサバーの水(主に天然水)の賞味期限を調べてみた!

例えばオーケンウォーター 口コミの水(天然水)の賞味期限って、未開封で製造後3ヶ月らしい!開封後は、2週間ぐらいで消費して欲しいとのこと!ちなみに富士バナジウム天然水のフレシャス 口コミの賞味期限は、配送後6ヶ月らしい!さらに一番衛生面で安全といえるMizの樹 口コミの賞味期限は、未開封の状態で6ヶ月間らしい!阿蘇のバナジウム天然水を楽しみたいならオススメかも!

調べてみるとウォーターサーバーの水(天然水)の賞味期限は3~6ヶ月あたり!RO水のクリクラの賞味期限も未開封で6ヶ月、開封後で2~4週間程度!備蓄水にするには、ウォーターサーバーのボトルって不向きなのかな?悩んでしまう!でも、ドバイって海水を逆浸透膜(RO膜)を使ってRO水にしていたとは驚き

「ただの水が腐るのか」おいしい水の賞味期限ってどれくらい?(ビジネスジャーナル)
http://biz-journal.jp/2012/09/post_621.html





 今週は、山名宏和氏が、もはや日本人の生活に欠かせないミネラルウォーターに、疑問を呈した。

[回答者]サントリーお客様相談センター様

 日本の「水技術」はとても優れているという。

 たとえば、水道だ。水を浄化する技術はもちろんだが、水道にとって深刻な問題となるのが漏水。それを見つけ、ロスを少なくする技術も日本は優れている。

 あるいは水をろ過する逆浸透膜の技術。ドバイは砂漠の国ながら豊富に水がある。それも、この逆浸透膜のおかげだ。逆浸透膜で海水を淡水化しているのである。そんなドバイで使われている逆浸透膜も日本製だそうだ。

 というような知識を、僕が構成で参加している番組『未来世紀ジパング』(テレビ東京/月曜夜10時)で知った。日本と世界のつながりを経済という側面から読み解き、そして未来を予測するという番組です。お時間のある方はぜひ一度ごらんになって下さい。

 以上、宣伝終わり。

 ところで、日本のように蛇口から出た水道の水をそのまま飲める国は、世界にどれぐらいあるかご存知だろうか?

 正解は11カ国である。

 水道の水をそのまま安心して飲めるというのは、とてもまれなことなのだ。

 それにも関わらず、最近僕たちはよく水を買う。ペットボトルでも買うし、大型のボトルウォーターを常備している家庭やオフィスも増えている。特に福島の原発事故以降、水を買う人が増えているという。

 僕もペットボトルの水を買うことはあるが、気になるのは賞味期限の存在だ。水に賞味期限とはいったいどういうことなのか。

 ナチュラルミネラルウォーターは、地下から汲み上げた後、大きな不純物を沈殿させ、さらに細かな不純物をろ過、最後に高温で加熱殺菌するのが一般的な作り方である。これが密閉されているボトルの中に入っていれば腐ることはないだろうし、ジュースのようなものならいざ知らず、水とミネラルだけなのに時間が経つと品質が変わると思えない。

 なのに、どうして賞味期限があるのか?

 そこで、サントリーお客様相談センターに直接聞いてみた。

 『ミネラルウォーターに賞味期限ってどうしてあるんですか?』
 
担当者 ちなみにお客様は2リットルのサイズをお召し上がりいただいておるのでしょうか?

--小さいやつですね。

担当者 550ミリリットルですね。それですと、ボトリングしてから1年という期間を設けております。それに従い中身が美味しくいただける期間として設けたものが、賞味期限となっております。

--2リットルだと違う?

担当者 2リットルだと少し伸びまして、ボトリングしてから2年でございます。

 サイズによって賞味期限が違うとは知らなかった。どうしてそんな違いが出るのだろうか。

担当者 同じ中身であってもやはり容器の種類や大きさによって外部から受ける影響に差が出てしまうようなんですね。それでやはり550ミリリットルと2リットルで賞味期限が異なるんですね。550ミリリットルだと表面積が少ない分、外部から受ける影響が多くなるということですね。大きい容器ですと分散されるということでもあるようですね。

 表面積が大きい方が、外部からの影響を受けるような気がするが。ちょっと釈然としないが、ここは担当者の言葉を信じることにしよう。

 さて、ここからが本題。どうしてミネラルウォーターにも賞味期限があるのか?

担当者 容器に傷などがなくて外気などに触れていない状態であれば、基本的に衛生面は保たれた状態にはあります。ただ、保存料ですとかそういったものを一切加えておりませんので、そういうお水ですから、ボトリングしてから美味しく飲んでいただける期間がどうしてもございまして。それを過ぎますと衛生的には問題ないけれども、臭いが強いものが周りにあると、ペットボトルの容器を通しまして移り香をしてしまったりするので、風味の部分で美味しく召し上がっていただけない可能性があるようでございます。

--味が変わってしまう可能性があるということですね。

担当者 ないこともあるんですが、保管の状況それぞれお客様ごとに異なりますので、保管状況が問題なければ味も変わらず、そのままお召し上がりいただけると思います。

 ちょっと説明がわかりにくいので、別ルートで得た情報で補足説明すると、ペットボトルにはわずかな気体透過性があるそうだ。そのため、強い臭気がまわりにあると、中身に臭いが移ることがあるという。

 とりあえず衛生的には問題ないので、賞味期限を過ぎた水でも、安心して飲んでいいようだ。ただし、シンナーと一緒に閉まっておいたら、かすかにシンナー風味になっているかもしれないけれど。

関連タグ : 水の賞味期限,

| 水の安全について! | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

seo great banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。